両脇のパイプを設置開始 – 2018/01/21

1/21
農業大学校の研修生仲間に手伝っていただく3日目です。
今日は中心のパイプの両脇のパイプを設置し始めました。

あとから調べると、足元のパイプから留めて上に留めていく方法もあるようです。
どちらからが良いのかまだわかりませんので、
今回は上から止めていきたいと思います。

パイプハウス資材到着

2018/1/12

パイプハウス資材が到着しました。
5.4m x 50m 2棟分の資材です。
外側アーチだけでカーテンや暖房などの追加がないハウスです。
外側のフィルムは今回はありません。

直管パイプと金具が4tか6tのトラック一台で到着しました。

アーチパイプが別便の15t車(!)できました。
別の現場用の資材と一緒に運んできたそうです。
トラックが住宅街に入ってくると異様に大きく感じました。
トラックが2台横に並んで荷物の積替えを行うスペースが急遽必要になりました。

受け取った資材です。
トラック間の積み替えが発生しましたが、3時間ほどで作業が終わりました。

今は平らになっている畑にハウスを設置します。

圃場整備 – 枯れ木処分

2018/1/8

圃場整備で発生した木の焼却を行いました。
まだまだ残っているので、継続的に実施したいと思います。

午前中は風がないのですが、午後になると風が出てくるので、風のない午前中に実施しなければなりません。
木がきちんと燃えている限り、煙が出ないので、うまく焚くのも練習が必要と思いました。
近所の農業をしている方いわく、消防署にも届けてから焼却を実施すべしとのことでした。

農業者が行う剪定枝野外焼却については、法律の例外として認められれています。
剪定枝の処分を業者に依頼すると、私の聞いた庭木屋さんだと、2t車1台2万円だそうです。